H28.8.17
インターンシップ学生  岡山理科大学
齋藤百花

私はつばさクリニック岡山で1日間のインターンシップを行いました。午前中は最初に浅野カンファレンスと部門別のカンファレンスに参加させてもらいました。
その後、訪問診療に同行させて頂き、5.6軒のお宅を訪問し、診療風景や内容を見学させてもらいました。私はそこで患者さんとそのご家族との距離の近さを感じました。
患者さんとの信頼関係が築かれており、またご家族の方の質問や要望にも1つ1つ丁寧に対応している光景を見て地域に寄り添う医療とはどういうものなのかを肌で感じる事ができました。
午後からはオリエンテーションという形でクリニックの概要や訪問診療に関連する説明を受けました。
私はほとんどが医師と看護師のみで在宅医療を行っているものだと考えていましたが、ほかにもケアマネージャーさんやヘルパーさんなどとの連携が非常に腫瘍だという事が分かりました。
今回のインターンシップで貴重な体験をさせて頂き、在宅医療について具体的なはっきりとしたイメージや印象を持つことができるようになりました。

ウィンドウを閉じる