倉敷中央病院 初期研修医 2年  長永 真明
つばさクリニックでの実習を終えて

私は地域医療研修として1ヶ月間つばさクリニックで実習をさせていただきました。現在は研修病院で他科研修を行っていますが、在宅医療を通して大変貴重な経験をさせてもらったと感じています。

 

一番印象に残っているのは、中村医師の患者・家族への接し方です。特に終末期を迎える患者・家族に対し、それぞれ患者に対する想いや環境が異なる中で、常に真摯に向き合い、適切な言葉を選んで話されていました。病院での看取りとは異なり、家族の一員として最後に旅立つことができるように、また残された時間を患者・家族が望む形で過ごせるように支援していくことが、在宅医療の根底にあることを身をもって教えていただいたように思います。実際に亡くなられた時、亡くなられてしばらく経った後でも家族の方がある種の達成感、満足感があるように感じました。

次に病院ではいわば病院のシステムの中で画一的な治療を行いがちなのに対し、在宅医療では各家庭に合わせて医療者側がサポート(内服調節、家族への接し方など)する必要があることに気づきました。それと同時に医療者だけではサポートが不十分なことが多く、担当者会議等で他職種(ケアマネージャー、ホームヘルパー、福祉関係者)と情報を共有していく必要性を感じました。

少し視点が異なりますが、訪問診療を通して患者さんの生活の場が予想以上に多様であることも驚きでした。デイケア、デイサービス、介護付有料老人ホーム、ケアハウス、グループホームでの生活を知ることができたのは、今後自分が病院で診療していく上でもプラスになると思います。

一方で在宅医療の問題点もあるのではと感じました。人口の偏在など生活環境(地域)によって得られるサービスが異なりうること、各々の家庭によって医療者間との関係性が異なるため、指針となるものが作成しにくいこと、夜間対応による医療者側の肉体的・精神的疲労、そして何より医療者側も在宅医療に対する知識が乏しいことが挙げられると思います。

政策的な面で容易には解決しがたい問題とは思いますが、今回の実習を通して『単なる病気ではなく、それぞれの場で生活をしている1人の人間を診る』在宅医療は非常に興味深い分野と感じました。自分は今後内科医として診療していきたいと考えていますが、それぞれの患者の生活を常に考慮し、最大限のサポートをしていきたいと感じました。

最後に1ヶ月間お世話になり、本当にありがとうございました。

ウィンドウを閉じる