平成27年11月
つばさクリニックの見学を終えて
医師 廣岡紀之 大阪府済生会新泉南病院

倉敷といえば風情ある町並み、美術館、全国的に有名な研修病院のある街と言ったイメージしかありませんでしたが、インターネットで訪問診療について調べるうち同期の先生の名前を見つけその勤務されているクリニックが400名以上の患者さんを対象に訪問診療されている当クリニックと知り今回お邪魔させていただきました。事務長を始めスタッフの方には通常の業務だけでもお忙しいのに時間を取って頂き丁寧にシステムや現状の訪問診療に関わる問題についてもお話ができ本当に有意義な時間でした。医師、看護師、ドライバーさんのチームで動くシステムや電子カルテの運用や備品など細かい点での工夫も参考になりましたがそれだけではなくスタッフの方々が患者さんやご家族のニーズに則した「患者さんは何を必要としているか」という目線に立った対応に感銘を受けました。私共の病院では様々な訪問看護ステーションとの連携において様々な看護師さんとの指示や治療において問題が発生することがあるのですがつばさクリニックは退院前カンファレンス、勉強会や研修会を通じてどのようなスタンスで診療を進めていくか関連職種でよく協議をし、うまく連携されていると感じました。短い時間ではありましたが参考になることが多くぜひ今後に役立てたいと考えております。
最後に今回の見学を快く受け入れていただいた理事長先生を始め、事務長、実際の診療の現場を案内していただいた医療スタッフに心よりお礼申し上げます。

ウィンドウを閉じる