先日は、お忙しい中、研修をさせて頂きありがとうございました。
虹の会 訪問看護ステーション
小林 祐美

福山市でも訪問診療専門のクリニックはありますが、貴クリニックのように医師が5,6人在籍されていること、看護師はもちろん、ソーシャルワーカーやドライバーなどの職種がいらっしゃることに驚きました。
また、クリニックを設立されて7年で利用者さんが400人達していることや、年間の看取りが150人であることにもとても興味深く感じました。
訪問診療での看護師の役割は、主に診療の介助ですが、褥瘡の処置や点滴なども行われていることや、診療後は物品のチェックや記録をされていると学びました。訪問看護のような清潔ケアはないですが、訪問看護とはまた違うやりがいのある仕事だということを感じました。
訪問看護師との連携は、5,6か所のステーションとパソコンを通じて、利用者さんのカルテや状態がリアルタイムで共有でき、メールで連絡を取り合える環境が整っているとお話していただき、福山でも取り入れることができればと思いました。
他の事業所と勉強会や親睦会などで、顔の見える連携がとれているため、利用者さんの情報共有ができ、質の高い医療、看護や介護が提供できていると思いました。それが、短期間での利用者さんの増加につながっていると思いました。
研修をさせて頂いて、訪問看護ステーションと主治医との情報共有の方法、他の専門職とのシームレスな連携の取りかたなどを、当ステーションに役立てていけるように、スタッフ間で共有したいと思います。
見学させて頂きありがとうございました。

ウィンドウを閉じる